FC2ブログ
2007-11-24

一番はじめは… 中編

「一番はじめは…」については、前後編の二回で終わるつもりでしたが、三回で終わることにします。前回に続いて11番からの歌詞を紹介したい。
※歌詞の種類には細かい違いがある。詳しくはこちら

これほど信心したなれど
ナミちゃんの病は治らせぬ

ゴーゴーゴーと鳴る汽車は
タケオとナミコの生き別れ
二度会われぬ汽車の窓
泣いて血を吐くほととぎす

タケオがボートに移るとき
ナミコは白いハンカチを
振り振りながら、ねえあなた
はやく帰ってちょうだいな

一列談判破裂して、
日露戦争始まった
さっさと逃げるはロシアの兵
死んでも尽くすは日本の兵
5万の兵を引き連れて
6人残して皆殺し
7月8日の戦いに
ハルピンまでも攻め寄せて
クロポトキンの首落とし
東郷大将万々歳
大山大将万々歳
中条大将万々歳


10番以降はこんな歌詞となっていた。何か悲惨な歌詞だ。童歌には本当に驚く事が多い。これを歌った小さな子供は意味も分からず歌っていたのだろう。さて、これを考えてみたい。後半は日露戦争を歌ってる。ほととぎすは漢字で書くと「不如帰」となる。帰ってこないようなイメージだ。反戦を歌ったものかと思ったが、何かそれだけではないと思った。ナミちゃんんと日露戦争は関係がないのでは…。佐倉惣五郎を含んだ10番まではやはり古いもので、後半は後年作られたのでは…。考えれば考えるほど謎だらけだった。
ただ一つ思えるのはナミちゃんは佐倉惣五郎の祟りで死んだのでは?、 また日露戦争で生存者6人という記録はないので、これは惣五郎の祟りである村の村人が六人しか生き残らなかったのでは?という事だ。
人に伝わりながら、付け加えられながらして最初の姿が隠れてしまっていると感じた。
2007-11-22

一番はじめは・・・ 前編

前回、佐倉惣五郎について紹介したが、彼に因んだ童歌があった。こんな歌だ。

一番初めは一の宮
二は日光の東照宮(とうしょうぐう)
三は佐倉の宗五郎(そうごろう)
四はまた信濃の善光寺
五つ出雲(いずも)の大社(おおやしろ)
六つ村々鎮守様(ちんじゅさま)
七つ成田の不動様
八つ八幡の八幡宮(はちまんぐう)
九つ高野(こうや)の弘法様(こうぼうさま)
十で東京招魂社(しょうこんしゃ)

地域によって微妙な違いや続きがある手毬歌だ。11番からは、近代の戦争関係の歌となっている。この歌が何時頃からあるのかは判らないがそれほど古い歌ではないのかもしれない。それとも1~10番は古く、それ以降は近代の可能性もある。上記歌詞について考えてみた。

1番の一宮とはその国(今で言う都道府県)で一番格式の高い由緒ある神社のこと、2番は天下統一を成し遂げた徳川家康公、その次に何と「佐倉惣五郎」が来ているその後に全国に信者がいる善光寺、日本三大神社の一つ、出雲大社、村の氏神等々、凄い名のある神々が登場するが、それよりも人間、惣五郎が上位に食い込んでいるのだ。これは「我々の為に散っていった惣五郎を忘れない為に歌にする」という当時の人々の強い想いと感謝があったのではないのだろうか。

藩主から見れば罪人となる惣五郎。見せしめという意味合いも含めて一家惨殺となった。残った村人もおいそれと口には出来ない。ならば子供の童歌に託そう。子供の遊びなら、役人にも分かりづらい。
庶民に伝わる、感謝と悔しさが同居している歌だと思った。

2007-11-21

義民伝

いつだったか、所属している経営者の勉強会で、皆で芝居を見に行ったことがあった。内容は江戸時代にいたとされる義民「佐倉惣五郎」だ。

時は江戸初期、下総(千葉県)佐倉藩、領内で名主を務めていた男の話だ。
当時、あまりの重税に耐えかね何とかしようと奔走するものの結局どうにもならない。藩主に会うことも出来ない。このままでは村人が飢えてしまう。そこで意を決した惣五郎は村の代表として幕府に直訴する。
芝居の最後は、必死に止めようとする家族を振り切り、雪の中を走り去るという感動的な場面で幕を閉じた

その後、惣五郎がどうなったかを調べてみた。惣五郎の命懸けの直訴は幕府に受け入れられたが、幕府からお咎めを受けた藩主「堀田正信」の怒りを買い、惣五郎夫婦は磔に…。残った子供4人は打ち首となってしまった

堀田正信はその後乱心し、それが切っ掛けとなって堀田家は滅びたという。それが人々に広まり「惣五郎の祟りだ」と噂された。

そして惣五郎一家は将門山(これはきっと何かある)にお堂が建てられ祀られることとなった。人が神となったのだ。どうやらこのお堂、滅びた堀田氏の子孫が建てたらしい。祟りをなす存在だった惣五郎一家の霊も丁重に祀られる事により、その怒りは収まり今度はご利益に変わっていった。

この話、日本の神社の代表的なパターンの一つです。

2007-11-17

堀川沿いの童歌

名古屋市の熱田、及び金山周辺の歴史等を調べていく中、不思議な童歌があることを知った。それは名古屋に流れる運河、堀川沿いに伝った童歌だ。それはこんな歌詞だ。

一の鳥居
二の鳥居
山王様
四軒所
五坊様に
六角堂
七面様
八幡様
九恩寺
十憐寺

十憐寺の小坊主 鐘つき堂からぶち落った
なんまいだー なんまいだー


1から始まって10までが熱田周辺の寺院などの名所の名にかけてある。1と2は熱田神宮の第一、第二鳥居だ。ここまでは特に不思議のない童歌だが、最後になんと十憐寺の小坊主が鐘つき堂から落ちて死んでしまうのだ

原音を聞いた時は少し物悲しく聴こえたが、最後にさらっと流すこの部分をよく考えると、実は恐ろしい歌なのではと思える。
何時かは分からないが、何かがあって小坊主が落ちて死んだいうのは事実だったのだろう。この童歌、何か隠された意味があると思った。
プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる