FC2ブログ
2014-06-23

物部神社

名古屋市東区、とある交差点の角にある小さな神社、「物部神社」。
月一で通っている歯医者さんに行く道中にある神社で、いつも通る度気になっていた神社だ。

物部神社④

物部神社の歴史は古い。式内社ということなので平安時代には既にあった神社だ。

物部神社③

神社で頂いた社歴によれば御祀神は宇摩志麻遅命(うましまでのみこと)、物部氏の先祖神だ。
平安時代に編纂された延喜式神名帳、愛知郡の部に物部神社の名前が記されている。

その後、元禄年間に藩主、徳川綱誠(つなのぶ)の命令により重修、遷宮されたとあった。

因みにこの藩主、藩主になって6年で急死しているらしい。

物部神社⑥

霊璽(れいじ)は一塊の大石であるという。璽は宝という意味がある。

物部神社⑤

御神体が石であることから、石神神社、石神堂と呼ばれているようだ。
神社の横に公園があるが、この公園の名前が「石神公園」だったのでここから名付けられたのだろう。

物部神社①

区画整理の為、神社の規模も随分小さくなっているようだ。
この公園も元は神社の境内だろう。

神社によく遊具があったりする光景をみるが、本来あってはならないものだ。
長い歴史の中で様々なことがあったとは思うが・・・。これも仕方がないことか。

この神社の社歴にはこうある。

神武天皇が凶魁(かいい)を討ち給いし時、この石を以て国の鎮めとなし給うという
俗に要石、鎮撫石と称し、なおこの石を世に根なし石とも伝へ、全国に水戸、鹿島三カ所の在すると言う。

かつて国主光圀、これを掘らしめしに竟(つい)に掘ること能はざりきりと伝へ 石神の称はこれより起こる
宇摩志麻遅命は神武天皇御東征の時、御父饒速日命(にきはやひのみこと)と共に長髄彦(ながすねひこ)を
殺して帰順せられ後 物部の軍兵を率いて専ら皇城守護の任にあたられた

神武天皇即位に、命は伝来の十種の天瑞宝と神盾を献上し布都神剣を殿内に安置し
天皇、皇后の御魂を鎮め寿祚(じゅそ)を祀った。



とあった。

大変興味深い昔話である。御神体でもある霊璽、即ち巨石のことだが、神社の方に何処にあるのか聞いた所、
境内の地面の中にあるという話だった。

境内にはいくつも社があるが、その中の一つ白龍社の社殿の下にあるらしい。

物部神社⑧

社歴を読んでいて思ったのは、神武天皇がこの地に来たのは戦争の為だろう。
地元の豪族と戦になり、これを討ち滅ぼした。

そして倒された相手が祟って出てこないよう大岩で封じたのではと思った。
二度と出てこれないようにだ。

社歴には他にも気になる箇所がある。
一つは光圀、これは水戸黄門のことだろう。光圀の伝説には古代の神々の研究に纏わるものが出てくる。
社歴を読むに、あろうことかこの霊璽を掘り起こそうと試みたらしい。
だが結果的に、掘る事は出来なかったようだ。

村人たちの反対にあったのか?
あるいは掘り始めたら祟ったからなのか?

この一文からも尋常ではない岩であることが伝わって来る。

次に気になったのは「十種の天瑞宝」という文字だ。
これは神道最大の謎ともいわれる十種神宝(とくさのかむたから)のことだ。

十種神宝は物部氏の先祖神に纏わる書物「先代旧事本記」に登場する謎の神宝で、
天照大神から饒速日命が授かったとされるものだ。

奈良県にある石上神宮に残るとされているが、見た者はいない。
石上神宮も物部氏に縁の深い神社なので、名古屋の物部神社にその名があったのも納得だ。

ふと思ったが十種神宝というのは複数あったのかもしれない。

社歴についてではないが、もう一つ気になることがあった。
本殿を参拝していて、これはまずいなと思ったことだ。

物部神社⑦

本殿の真後ろの土地にマンションが建っていたのだ。
今まであちこちの神社にお参りに行ったが、幾つか気付かせて頂いたことがある。

その中の一つに社の後ろにある木や森が、神社にとっては途轍もなく大切だというものがある。
そこは神様にとって最重要な場所なので、本来人が住むところではないのである。

これも先ほどの公園と同じく、仕方のない事情があったのだと思うが、社を見下ろすような高層マンションをみると
「うーーーん」と思う。

いくら安くても自分なら畏れ多くて住めないかなぁ・・・。




2013-08-15

木曽駒登山 

8月11日、本格的な初登山をした。場所は長野県の木曽駒。

以前、友人に9月に白山を一緒に登らないかと誘われたので了承したが、
こちらは登山はど素人。

白山は登りに4時間かかるそうなので、練習を兼ねて木曽駒に行くことになった。

木曽駒1

早朝から登り始めて2時間位で登頂出来た。
天気も良く、景色も素晴らしい。

へばりながらも登る事が出来たのも、同行してくれたんNさんのアドバイスや協力があったおかげだ。
ありがとうございました。

さて、山を登る人にとって「山登り」とは様々な意味があると思う。
良い景色を見る為、リフレッシュの為、運動や観光、目標を達成することで得られる喜び・・・。
登山に興味が無い方でも一度は耳にしたことがある言葉「そこに山があるから」などなど。

どれも山登りをするのに明確な答えだ。

しかし、もし誰かに「山に何故登るか?」と問われたら「御登拝です」と答える。
よくよく考えても、それ以外の答えは見つからない。

実際、山には社が設けてあることが多い。木曽駒もそうだった。

木曽駒3

大きな磐座もある。山には数カ所こうした社があったが、写真の場所には大きな剣(鉾?)もあった。
木曽駒4

鉄の為、錆びて折れていた。結構古い物だろうか?

木曽駒2

何とも雰囲気のある鳥居がある社。

木曽駒12

これが山頂、一番高い所にあった社。

ヘロヘロになりながら、手を併せてお参りをする。
登頂出来た事と、山の神様に出会えたことを感謝する。

御祀神は分からなかった。何も書かれていない。
今思えば不思議だったが、何故かこの時、辨財天の真言を唱えていた。

山の頂には石がゴロゴロしていた。
人が沢山いたので、直ぐには想像出来なかったが、もしこの場所に一人でいたとすると、
どこかおっかない感じを受けたと思う。

賽の河原とはこんな感じではなかろうか。

脳内で誰もいない状態を想像した時、ここはあの世とこの世の境では?と思えた。

参拝を終え、頂上に沢山転がっていた石の一つに腰かけ、持参したおにぎりを食べていた時、
ふと空に目をやると、谷の方から垂直にもくもくと雲が現れた。

木曽駒11

偶然かもしれないが、私には首をもたげた大蛇に見えた。
眼下の山に匹敵するかのような超特大の大蛇だ。


自然現象には違いないが、唯の偶然と捉えるか、それとも山の神か辨財天か、
あるいは他の何かが御褒美をくれたのか…。

ただ有り難いなと思った。



2013-02-17

奈々美神社 ~朝田寺周辺の神社③~

穴師神社の次に発見したのがこの「奈々美神社」だった。

神社巡りをしていると、よく見かける社名は、

神明社、八幡社、稲荷社、白山社、浅間社、住吉社、
天神社などだ。

故に、この朝田寺周辺の神社はそれらに当てはまらない、
おそらくこの地域にしかない社名の神社はとても珍しい。

奈々美は「ななみ」と言い、この神社がある町名は「七見」であった。
七見神社①

厳密に言うと「上七見」で、この隣町に「下七見」がある。

七見が先か、奈々見が先かは分からない。
どちらかが当て字か、それとも両方ともか・・・。

七見神社⑥

境内は先の二つの神社より広かった。
現在では境内にも家が建っている。

七見神社⑦

余談だが神社の境内に住むという事は有り難い事だ。
ただ、住む人が感謝しているか、それとも不敬を働いているかでは、
「運」というものが違ってくるように思う。

奈々美神社の御祭神は分からなかった。
社歴も見当たらない。境内に住んでいるお婆さんに聞いたが、
さっぱり分からないとの事だった。

七見神社②

ここの狛犬は新しいものだが、何とも面白い顔をしている。
出来が凄く良い。

七見神社③

見ていると思わず笑みがこぼれる。

結局、滞在時間内では神様の名前は分からなかったが、後で分かった。
この日同行した父と狐童女(きつねめ)さんが気付いたようだ。

結論を先に言えば、御祭神は「天神七代」という七柱の神々だった。
天神七代とは、日本神話において、天地開闢(かいびゃく)の初めに現れた7代の天の神々のことだ。

日本で一番有名な「伊勢神宮」の天照大神よりも更に古い神々だったのである。

天神七代の神々は、神仏習合の考え方により、
その姿は蛇体で表されるようにもなった。

それを踏まえて神社の境内の写真を眺めていると、いろいろと気付かされた事があった。
七見神社⑤

まずはこの注連縄。まるで大蛇のようである。
そして注連縄に取り付けられた房は七つあった。

七見神社④

房は雪洞ともいう。雪洞は珠ともいう。
珠は御霊に通じる。七つの房は七柱の神を表しているように思う。

次に社名について考えてた。
奈々美は七見、七つを見る。
もしくは七つのヘビ(巳)で七巳ではないだろうか。

七つの蛇体の神々を祀っていたから「ななみ」神社になったのではと思う。

訪れた三カ所の神社は、何れも大事にされている素晴らしい神社だった。
周辺にはまだまだ古い神社がありそうだ。

機会があれば、またこの地域には訪れてみたい。
そこは、神と仏と人が一緒に住んでいる、そんな印象を強く感じる場所だった。


2013-02-09

穴師神社 ~朝田寺周辺の神社② ~

意非多神社の次に向ったのが、ナビ画面で発見したこちらの神社、
「穴師神社」。聞いたことのない神社だ。

穴師神社⑨

穴師神社⑤

意非多神社と同じく、こちらも境内に足を踏み入れたら全体が見渡せるほどの
小さな神社だが、歴史は古い。

穴師神社②

鳥居が狭い間隔で3本建っている。
お稲荷さん以外ではあまり見た事がない。
本殿に向う方に段々と低くなっている。

穴師神社①

御祭神は、

・建速須佐之男命
・穴織神
・萬幡豊秋津姫命

であった。鳥居が三本ある理由はこの三柱の神様に因んでいるのかも。
最初の「タケハヤスサノオノミコト」と3番目の「ヨロズハタトヨアキツ(シ)ヒメノミコト」
は古事記や日本書紀に登場する神様だ。後者は織物に因んだ神様であると分かった。

『日本の神様読み解き辞典』によれば、萬幡豊秋津姫命の漢字の意味を
一つ一つ拾っていくと、「織地の縮んだ精巧な織物」という意味になると云う。

さて問題は2番目の神様だ。これは手元にある辞典にも掲載されていない。
ただ社歴によるとこちらの神社は地元豪族「穴師族」が守っていた神社だと分かる。
穴師族は金属鉱を採掘していた一族であったようだ。

穴織神という名前からは「織物」と「穴師族」を連想させる。
社歴にも「穴師は綾師に通じ織物技術に長じた集団」とあった。

これは金属鉱で力をつけてきたタタラの集団がやがて織物に変わって行ったということなのか。

穴師神社⑧

いずれにせよ、このような古い神社で地元の豪族に因んだような神様がが祀られたり、
豪族名が分かっていると言う事は、王権側の神様であり一族だったのだろう。

何故なら滅ぼされたり、虐げられた側の神社だと、ここまでハッキリ残されていないからだ。

穴師神社③

穴師神社④

穴師神社の狛犬。この辺りは狛犬に彩色を施す習慣があるのか。
それ以上に気になったのは、狛犬の「阿吽」が反対のような・・・。

穴師神社⑦

この神社の境内にはこんなものもあった。
石仏だ。三宝荒神だろうか。

穴師神社⑥

他にも珍しいものがあった。これは石仏と言うより
石神と言った方が正しいか。鳥居がそれぞれ設けてあるのが面白い。
こんな光景は京都の伏見稲荷で見た。

時間が限られていたので長居は出来なかったが、その歴史も含めて
じっくり調べてみたい神社です。

2013-02-06

意非多神社 ~朝田寺周辺の神社①~

三重県の朝田寺にお参りに行った。
事前に問い合わせたところ、御住職から15時30分過ぎなら大丈夫ということで、
現地に向かったが到着したのは14時30分。

1時間の時間が出来たのでお寺の周辺を散策する事にした。

ナビ画面を頼りに捜したら聞いた事のない社名の神社をいくつか発見。
その中の一つがこの「意非多(おいた)神社」だ。

意非多神社②

周りは田んぼ。町というより昔ながらの村の鎮守さまという何とも落ち着く神社だ。
意非多神社③

意非多神社の歴史は古い。それもこちらが思っている以上に歴史ある神社だった。

意非多神社①

神社の楽しみの一つとして、「どんな神様がまつられてるか?」がある。

この意非多神社で言うなら、祀神の欄に記された三柱の神々が御祭神だが、
特に興味を引かれたのは「埴安神」であった。祈願する際に土団子を供えるというのが面白い。

普通、お供えするものは人間が食べるものが多い。
何故ならお下がりとして後で頂くからだ。
今回のケースのように食べれない者を供えるというのはたまに見かけるが、
土団子と言うのは初めて見た。

故にこの埴安神の事を地元では「土の宮」と言う。

意非多神社⑦

「土団子を供える」というのは、重要なメッセージだ。

神社事態は小さな神社であるが、近隣の人々に大切に守られているのが分かる。
狛犬も新調されていた。

意非多神社⑥

意非多神社⑤

彩色を施された石造の狛犬は初めて見たが、これはこれで良い。
大事にされてるなぁと思った。

帰宅後、埴安神(はにやすのかみ)について調べてみた。
すると、この神様は古事記に登場する神で、イザナギノミコトが火の神を産み、
火傷を負って病床についた時、大便から生まれた神であることが分かった。

また埴安神は陶器、土に纏わる神で、神徳としては製陶業、土木業、
開墾業に御利益ありとのことだった。
(土のイメージは大便からきているのかも)

それで御供え物に土団子を供える訳だ。

団子常に丸くするのは、地元に伝わる御利益、
「イボ取り」のイボに見立てているのかもしれない。

ここからは推測になるが、元々この神社には地元の豪族も祭られていたと思う。
どうも現在の境内付近に、嘗ては古墳があったような気がする。

それが別名として残っていた「森塚」や「天王塚」だ。

社歴に記された天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)や、
国之常立神(くにとこたちのかみ)は古事記にも登場する超古い神であるが、
神社として祀られるうになったのはそれ程古くない事が分かった。

古代豪族の収入源は米と鉄であった事から、よりこの二つの要望に近い神、
最初からこの神社で祭られていた神様は、埴安神であるように思う。
もしくは最初に豪族が祀られ、後に地元産業に因んだ埴安神を祀ったのだろう。

意非多神社④

まぁそれが特定出来たとして、現在祭られている神様が有り難い事には変わらない。
氏神様はその地域に住む氏子を守ってくれている訳なので、こちらの神社のように、
末永く大事に守っていきたいものです。

プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる