FC2ブログ
2020-11-08

◆藤の木の昔話 考察  前編

前々回、前回と取り上げてきた名古屋駅裏にある「椿神明社」に残る、甘酒祭の由来(昔話)ですが、どこか引っかかるので今一度考察してみたいと思います。
 
 
◎甘酒祀の云われ(年代不詳)

椿神社境内近くの笈瀬川の川辺に大きな藤の木があり、たいそう評判で毎年大勢の人たちが訪れた。しかし、あまりにも見物人が増えて、近くの畑などを踏み荒らされてしまったため、人がもう来ないようにということで村人がこの木を切り倒したところ、疫病が流行り、村人の殆どが患った。

 困った村人の一人が智者に頼み占ったところ、それは藤の木を切り倒したことによる祟りだから、家ごとに酒を作り、その酒を神様に献上するようにと言われた。

ただ、村で酒を作るのは難しいということで甘酒で勘弁してもらって、椿神明社ともう一つの神明社に供え、そのお下がりの甘酒を飲んだたところ、疫病は治まったと云う。



甘酒祭の昔話で、最初に気になったのが「藤の木」です。現在では椿神明社の近くに笈瀬川という川はない。埋め立てられたのでしょう。そこにあったのが藤の木です。切って祟った(疫病の流行)ということは霊木であったということです。

 
最初の疑問が何故藤の木なのか?です。椿神明社の名にある様に、この辺りには椿の大木が数多くあったそうです。現在の椿神明社のすぐ横の道路は笈瀬川筋と言います。

 
この位置に川があったとすると、ほんとに境内近くです。神社の境内に椿が群生していたとするならば、それは藤の木ではなく椿の木であった方が自然な感じがします。
 
 
年代不詳ということは、話の背景が古い話であり、口伝なのでハッキリしていないように思えます。江戸時代には、既にかなり昔の話になっており、「そんなような言い伝えがある」となっていたのでは・・・。
 
 
口伝で何世代も伝わる話は、当初の頃から変化していることはありえます。

上条弁才天1

例えば、愛知県安城市にある上条弁才天社には、神社の歴史が記された石碑がありますが、弁才天の御利益の一つに「おでき」や「いぼ」「眼病」に効くとあります。


眼病というのは、この上条弁才天とセットで祀られている薬師如来に関係します。弁天様のご利益に眼病を治すというのは聞いたことが無いです。


おできもいぼも弁才天の御利益で聞いたことはありません。これはおそらく、弁才天が七福神になるもっともっと前、財運の神になるもっと前の姿を追うと分かりますが、最初の頃は戦闘神という一面がありました。故に真のご利益は「怨敵退散」です。


「おんてきたいさん」がどんどん伝わって行くうち、「おできたいさん」となったのでしょう。「おでき」が定着すると、おできなら「いぼ」でも同じだろうということで、それもご利益に加わったと思われます。

上条弁才天3


大きな寺院の一角の弁才天ならまだしも、民間で単独で祀られる弁天様なので、伝え聞く内に意味が変化してしまったのです。


旧牧野村に伝わる甘酒祭りの話も、伝え聞くうち、音で判断するうち変わっていったのだと思います。漢字で書けば意味が分かりますが音だけだと聞く人によっては意味が変わる訳です。


私は藤の木は「山塚に植えられていた椿の木」と思いました。


山伏塚とは、文字通りだと修行中の山伏がその地で亡くなり、村人達が弔った墓という意味と、誰か分からないけどその場で野垂れ死んだり、殺されたり、人柱で埋められたなど、非業の死を遂げた人を埋めた墓という意味があります。

 
古墳のように土を盛った場合なら、塚を山に見立てると、山に伏して亡くなったという意味の塚ということです。

 
名古屋町名の伏見町も識者によれば「伏見から富士山が見えたから」という話もありますが、現実に伏見町から富士山は見えません。これはもう無くなってしまいましたが、伏見町から山伏塚が見えたからでしょう。名古屋市東区の高岳の交差点付近に浅間社がありますが、私はあそこに前方後円墳があったと睨んでいます。それが山伏塚でしょう。山伏塚が見えたから「伏見町」です。


塚というのはその場所に木を植えることがあります。これは目印(子孫に注意を促すため)と、神の依り代にするためという意味があります。神は木に宿るからです。怖い存在と認識している場合、木に神を宿らせ封じるという意味です。その場所に神仏を祀る祠を建てる場合もあります。


旧牧野村に古くより祀られている、弁才天社(現在は厳島神社)にお参りに行ってきました。


長くなってきたので、後編へ続きます。



紅葉屋はこちらまで
 

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる