FC2ブログ
2020-06-24

◆信仰について調べてみた。

親の話によれば、2歳の頃には既にお寺や仏像が大好きだったそうなので、関心を持つようになって、40年以上経つことになります。


また、父親の影響(神仏を信じている人)や、育った環境(先祖からお稲荷さんとか祀る家)が、今思えばかなり特殊であったので、様々な学びをさせてもらっています。有難いことです。私は神社の神様やお寺の仏様を、目には見えずとも存在していると信じています。


そんな私の背景をご理解頂いて、今回はふと思ったことを綴っていきたいと思います。


それは、人がお寺や神社へ行く際、何の目的で行くだろうか?という事についてです。


およそ思いつく限り考えてみますと・・・


①その寺社で祀られる神や仏に信仰心を持っている。お参りのため。

②仏像や建物、文化財を見るのが好き。

③信仰心までとは言えないが、お参りするのが好き。

④季節の節目や、イベント的な感じでお参りに行く。

⑤困ったことがあるので、お願いに行く。願掛けとか。現世利益を求めて。

⑥何となく雰囲気が好きなので行く。

⑦月参りとして毎月決めた寺社へ行く。

⑧そこにいるお坊さんなり、神職の方へ相談に行く。(御祈祷とか人生相談をしている寺社)

⑨先祖からの墓地があるので寺へ年に一度くらいは行く。

⑩御朱印が目的。

⑪寺社にはたまに行くけどお参りはしない。(蚤の市やマルシェ、買い物目的)

⑫葬式や法事、結婚式などで行く。

 
 
思いつく限り12項目挙げてみましたが、まだこれ以外にあるかな?
 
 
ざっと出した項目について見てみると、「神仏の存在を信じているか?いないか?」で大きく分かれると思います。
 
 
ふと、知りたくなったので、日本人の何割位が神仏を信じているのかいないのかというデータとかないのかな?と調べたら、NHKが調査したものが出てきました。(便利な世の中だ。)


これによりますと、「普段信仰している宗教(仏教、神道、キリスト教など)がありますか?」という問いに対して「ある」と答えた人が全体の36%(仏教31% 神道3% キリスト教1% 他 )で、「ない」と答えた人は62%だったそう。
 
 
日本人全体としたら、およそ少なくて3割、多くて4割位がなにかしらの信仰を持っているらしい。


ただ、「これだ!」といった特定の神仏の信仰心は無くとも、「なんとなくだけど、いるかいないかと言えばいるかもしれない」と思っている層は結構あるかも?とは個人的に思います。
 

私は着物屋で、一商人です。お坊さんでも神職でもありませんが、今まで様々な経験、出来事を通して「どうも神様や仏様はいるな」という立場です。
 
 
お寺や神社、そこで祀られる神様や仏様、そういった話はとても面白く、興味深いと思えますが、人によっては興味が無い、信じない、はては嫌う人などもいます。こういう世界は強制してはいけないことなので、信じる人、信じない人に分かれて当然ですし、それで良いと思います。
 
 
信じることは自由ですし、信じないことも自由です。どちらかが正解でも不正解でもありません。人によって解釈がまちまちなことなので、(基本はあるのでしょうが)簡単に割り切れることではないと思います。 
 
 
そんな私ですが、このブログを通して「神仏を信じています」あるいは「そういう世界に関心がある」という方にとっては、「ひょっとしたら何かの役に立てるかもしれない」という話が出来たらな・・・と思います。難しい試みかなとは思いますが・・・はてさてどうなることやら。




法隆寺
奈良県 法隆寺


※紅葉屋呉服店はこちらまで
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる