FC2ブログ
2020-03-26

◆鬼のお話  第7回  犬飼武

前回の続きです。

ついに討たれてしまった温羅。その首は斬り落とされてしまう。そして・・・


◎五十狭芹彦命vs温羅 続き

その後、温羅の首は串刺しにされ晒し首となったが、温羅の怨念は凄まじく何時までも不気味な唸り声を上げ続けた。


そこで五十狭芹彦命は部下の犬飼(養)武に命じ、首を犬に喰わせた。


しかし頭蓋骨になりはてても温羅の唸り声は止む事はなかった。たまりかねた五十狭芹彦命は、頭蓋骨を茅葺宮の釜殿の下に穴を掘り埋めてしまったが、一層唸り声は酷くなっていった。


それから13年の月日が経ったが未だに唸り声は続いていた。ほとほと参った五十狭芹彦命だったが、ある日彼の夢に温羅が現れ、こう告げた。


「我が愛した阿曽女を連れてまいれ。阿曽女を持って我を祀るならば声も鎮まろう。そして釜で占うがよい。吉事の時、我の首は穏やかに鳴り、凶事の時は荒々しく鳴るであろう」


こうして、ともかく呼び出された阿曽女によって温羅が祀られるようになると、恐ろしい唸り声はパッタリと止んだ。永きに渡った戦いもようやく幕を降ろすことになった。仕事を終えた五十狭芹彦命は吉備津彦命と名を改め、吉備臣の祖先となった。吉備津彦は死後、吉備中山に埋葬されたと言う。




・・・五十狭芹彦命と温羅の長い戦いは決着した。

IMG_1466.jpg


まず、気になった個所として青字のところを考えてみたい。桃太郎の昔話では家来に犬が出てくるが、このモデルと云われているのが、五十狭芹彦命の配下の一人、犬飼武(いぬかいのたける)だ。討たれた温羅の首はそれで終わりではなく、更に犬にのエサになるという、いくらなんでも酷過ぎる扱いを受ける。

IMG_1467.jpg

そんな扱いを受けたからか、当然討たれた温羅は祟る。頭蓋骨になっても唸り声をあげたという表現に恐ろしさを感じる。五十狭芹彦命はたまらず、釡殿の下に埋めた。


釡とは火で水を沸かすものだ。古代より火と水の力を制する者は国を制すという話がある。古事記にも火と水の力を手に入れ、兄の海幸彦を倒した山幸彦の話がある。


火と水の力を表す釡の底、地面の中に埋めたというのは温羅を封じたかったのだろう。しかし、封じは失敗し更に温羅の首は唸り続けた。祟りという表現はないがこれは祟りまくったと思う。


赤文字個所に話をうつす前に、温羅の配下、犬飼武についてもう少し考えてみたい。


刎ねられた温羅の首を犬飼武の犬に喰わす…。


怖い個所なので、ついつい聞き流してしまう箇所だが、これにも隠された意味があると思えてならない。


例えば「吉備津彦命」の名の場合、吉備を平定したので国の名が人名になったという意味があると判るが、犬飼武の場合、ただ犬を飼っているから苗字になっているという単純な理由だとすると、これは明らかに自らが名乗ったのではなく、蔑みを含んだ名前だと思える。


祟られる可能性がある首を喰わせるという行為も無理矢理やらされたのだろう。


犬飼一族は全国制覇を狙う大和朝廷に滅ぼされるより降伏を選んだ。だから敢えてこの名を受け入れた。元は別の名前があったのかもしれない。


こう考えて大和朝廷側から見ると、敵と決めた相手には、損害を最小限に抑える為、降伏した人々を差し向け、自らの手は汚さないという巧妙な手口が浮かんでくる。


鉄や稲を求めて全国制覇をしていたのであれば、最前線で戦わせる人々も産鉄民だった可能性が高い。同族同士の戦いもあったのかもしれない。


また犬飼武は犬飼部(犬養部)の一族とされている。猟犬を飼育していたという説と番犬と共に門を守っていたという説がある。同じように雉や猿も人間だった。


またこんな話もある。真相は定かではないが、犬飼いの一族の末裔に1931年に総理大臣となり5.15事件で暗殺された犬養毅がいたとされる。都市伝説の類かもしれないが、吉備津彦命を祀る吉備津神社には犬養毅の記念碑だったか何かがあったので、案外本当に子孫にあたるのかも。

IMG_3274.jpg


次回は赤文字個所を中心に鬼のお話を続けて参ります。



参考文献  鬼  新紀元
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる