FC2ブログ
2012-03-08

近長谷寺 その5

~続き

近長谷寺16

弓矢を手にした山伏の方が、結界内に設けられた護摩壇?に向かう。
周りにいた人達の会話が聞えてきたが、中には枯れた杉の葉が詰まっているらしい。

護摩壇の上にも結界が施してあった。
近長谷寺17

一人の山伏が何か読み上げている。
もう一人は矢を束ね護摩壇の前で祈りを捧げているように見えた。
この一連の所作は、護摩壇には何かしらの神仏が現れるので、
その力を矢に籠らせる為に行っているのだと思う。

この時、どんな言葉を発していたかは今となっては思いだせない。
寒さと、(帰りは高速通れるかな?)と気を取られていたからだ。
もったいないことをした。

近長谷寺18

祈りを終えた後、結界の角に移動した山伏は、矢を構え言葉を唱え矢を放った。
スタート地点は緑の御幣の場所である。

近長谷寺19

それから一つずつ角を回り矢を放つ。
近長谷寺20

矢を放つ時に、「東に〇〇明王ー」と言っていた。
東西南北に担当する明王がいるようだ。

当日現場にいた時には聞き取れなかったが、
家に帰ってよく考えるに、これは不動明王を除いた五大明王の名を唱えていたはずである。
(何故そう考えるに至ったかは後ほど述べる)

後で気づいた事はもう一つあった。

それは、この矢は神社の社務所等でたまに見かける破魔矢だということだ。
飾ってあるのは見掛けた事があったが、実際にそれを使う様子をあの時見ていたのだ。

今更ながら、気付かないで目の前を通り過ぎて行くものは多いなと思った。

続く~

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる