FC2ブログ
2010-10-31

蜻蛉の滝 その5

~続き

蜻蛉の滝2

蜻蛉の滝に残る、もう一つの伝説は、滝の名前が何故こうなったのかというもの。
最も古い伝説である。この内容については後日考えてみたい。

蜻蛉の滝5

しかし、この一帯、行った時間が遅めだったこともあってか、
どの写真を観ても重い感じがする。
神社に夕方以降は行かない方が良いのと同じかもしれない。

両親が遊びに出かける時は、もっぱら父が行きたい所に赴く。
父が望むのは、寺・神社・古代の伝説が残る地だ。
人っ子一人いない、観光地とはかけ離れた場所に行くことが殆どだ。

後で話を聞くと、いつも途中で母がプリプリ怒りだすらしい…。

この日ももっと滞在したい父だったが、母が怒りだしたので渋々帰ることにした。
帰り道も、白黒二匹の犬は離れることなく前後を歩いていた。

そして入り口の鳥居を潜ると、犬二匹は鳥居の向こうで歩を止め、父を見送っていた。
野良なら家で飼おうかと思い、二匹を呼んだが来ることはなかった。

帰り道、母に「利口な犬だったね」と尋ねたが、そんな犬はいないとのこと。
逆に「何を言ってるの?」と返された。

「あの犬はなんだったんだ?」と考えながら家路へと向かった。

帰宅し、着替えた父は、シャツの裾に当たる部分に、不可思議な二か所の穴が空いているのに気付いた。
その穴は等間隔に空いた穴で、どうも滝壺に落ちる寸前で助けてくれた犬の歯形のように思えた。


おしまい。



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる