FC2ブログ
2010-10-12

いとうルンペン 後日譚

2010年9月29日・30日の二日間に亘って紹介したブログテーマ、
「いとうルンペン」について、新たな情報を入手したので書き留めておく。

今回、S・Ⅰさんの御協力で、「いとうルンペン」のことを詠んだ
短歌があることが判明した。詠み人知らずである。

お寺に何か形として残っていれば良いが(未確認)、
無い可能性が高いので記録として残しておくことにする。

問題の短歌は以下の通り。


押し寄せる 火煙あらば さかよせの 火伏の神ぞ いとうルンペン

この歌で意味が今一つ分からないのが『さかよせ』という言葉だ。

国語辞典に載ってないので古語辞典で調べてみたらあった。
意味は「攻めて来た敵に対し、逆に攻め返すこと。逆襲(参考出典:太平記)」だそうだ。
漢字だと「逆寄せ」と書く。

轟々と燃え盛る火煙を単身で迎え撃つ。その姿はまるで火伏せの神のようだ。
そんな姿が歌から観れる。

よく由緒ある神社にはその神を讃える伝説、大活躍物語が残っている。
こういう話を言葉や文字で残すことは、神の力を強くさせるのかもなと思った。



参考書籍
旺文社 古語辞典



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる