FC2ブログ
2010-04-15

「貝塚」と「ひだるき」 最終回

~続き

続いて福の神の「ひだる神」について調べてみた。

こちらは旅の安全を守る神で、山道や街道沿いに
祀られていることがあるそうだ。

その場合は、ひだる神という名前以外の呼び方もある。
「だり仏」とか「がき仏」という。

「山神」と呼ばれることもある。

前述の「ひだるき」は祟り神であるが、
「ひだる神」は福の神である。

しかし、本質的には同じ神だと思う。

違いがあるとすれば、きちんと祀られているか、否かという事だろう。

このあたりが、昔からの日本独特の考え方でとても興味深い。

キリスト教のように善悪をはっきり分けず、
怖い存在を味方につけてしまうからだ。

「ひだる神」とは民間の神様だと思うが、怖い神が福の神になるのは
仏教の影響が大きいと思う。

まだまだ日本の神について、知らない事が多いです。


おしまい。

追記

これをお読みの皆さま。万が一突然強烈な睡魔(なるほど、だから[魔]か…)に出会ったら、
何でも良いので口に含んで下さい。信じられないような話かもしれませんが、知らないよりは
知ってた方が助かることがあるのです。(マジで)

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる