FC2ブログ
2010-04-14

「貝塚」と「ひだるき」 その3

~続き

身体が疲れている状態を※「だるい」と言う。
「ひだる神」もこの症状を指している言葉に「神」がついた。

ひだる神には二つの顔がある。

一つは目の前を通った人間に祟る、「祟り神」としての一面。
もう一つは旅の安全を司る「福の神」としての一面だ。

このブログでは前者を「ひだる鬼(き)」。
後者を「ひだる神(かみ)」として説明することにする。

まずは「ひだるき」の面を調べてみた。

旅の途中で餓死したり、不幸にあって亡くなった人が成仏出来ず、
悪霊になってしまう…それが「ひだるき」の正体だった。
出会った人間に災いを齎すと云う。

正し、知らず知らず「ひだるき」の前を通った人が、全て攻撃対象になる訳ではない。
狙われるのは、疲れ気味の時や、腹が減っている時だそうだ。

取り憑かれた時の症状は急激に疲れたり、猛烈な眠気に襲われる。
うっかり眠るとそのまま永眠する事になるらしい

そんな恐ろしいひだるきだが、取り憑かれた際の解決策はある。
それは……。

①なんでもいいから食べ物を口にする。
②なければ草や葉っぱでも良い。
③それすらなければ、手に「米」という文字を書き飲み込む。
④何か身につけている物を背後に向けて放る。


だそうだ。父は①を選択した。④については「後ろ手の所作」である。

次回は福の神としてのひだる神と、まとめをします。


続く~


※「だるい」…「疲れている」の同意語で、今は聴かなくなったが「ひだるい」と言う言葉もあった。


 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる