FC2ブログ
2009-07-24

近所の神社 その3

~続き

前回のコメントについて一部訂正があった。

記録に残っている神社創建年代が文明9年(1477年)で、
雉が亡くなったとされる年代が文禄とある。

調べてみたら「文禄」とは1592~1595年だった。

つまり、神社が最初にあり、雉が亡くなったのは後となる。

この白山神社は別名「榎権現(えのきごんげん)」と言われる。
権現とは、仏教に出て来る「仏」が日本古来の「神」になって現れた姿である。
(仏教を広める為、日本の神と合祀させた時に考えられた思想から来ている)

疑問の一つは、元々の御祭神である菊理媛神、
即ち「白山」の名を付けなかったことだろう。
通常なら、「白山権現」となってるのではないのだろうか?

しかし、この場合は「榎権現」になっている。
榎の木が何やら重要になっているのだ。

二つ目の疑問は、「雉」についてだ。

続く~

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる