FC2ブログ
2008-07-11

慰霊碑 箕面山その3

~続き

奥の院でもある滝の少し手前に、慰霊碑があった。それによると、昭和26年におきた集中豪雨で箕面山の宿やお店が流されるという天災があった。当時の警察長の合田百一さんが、先陣を切り、果敢に救出に向かったが泥水に呑まれてしまい、亡くなってしまった
慰霊碑をその偉業を称えて建てられたようだった。

辨財天は日本に渡来した際、神道の市杵島姫命と合祀された。現在では、市杵島姫命がお祭りされている神社には辨財天が祀られていることが多いのはこの為だ。本来は全く別の神だと思うが、一般的には弁天=市杵島姫命となっている。

また、市杵島姫命は「一姫」とか「市姫」と称されて祀られているケースもある。前述の殉職した警察長、合田百一さんの名前は、「一」の字がつく。弁天(市杵島姫命)の里で、偶然にも「一」の字がついた方が殉職していた。きっとこの方は天国に召されていると思った。

だんだんと滝が近づいていた。

続く~

慰霊碑1
慰霊碑2
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる