fc2ブログ
2022-04-22

◆コロナワクチン最新情報整理  その2

最近、例の会議資料について大きく見落としていることがあったと気付きました。


ワクチン接種後の重篤者は医療機関からの報告件数ですと、6933人でした。これは間違いありません。


しかし、同じ会議の別資料、製造販売業者から上がってきた資料が、どうも医療機関からの数字と違うことが分かりました。


見つけた資料は、 「資料1-2-1  薬機法に基づく製造販売業者からの副反応疑い報告状況について」です。


またこれがよくよく読まないと分からないような資料になっていました。


まず、この資料の2ページ目に着目します。


それによりますとこうあります。「副反応数」について見てまいりましょう。


・ファイザーワクチン(コミナティ筋注)     18469人

・上記ワクチン5歳~11歳              2人

・モデルナワクチン(スパイクバックス筋注)  2645人

・アストラゼネカワクチン(バキスゼブリア筋注) 15人


となります。製造販売業者からの副反応の報告人数の合計は21,131人ですが、これ実は「副反応」と表記されていますが、全部重篤になってしまった人達でした。


私も知った時は意味不明でなんじゃこれはでしたが、同資料の2ページ目の下の方にこう注意書きがありました。


「※製造販売業者からの報告は、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第68条の10第1項に基づき、「重篤」と判断された症例について各ワクチンの製造販売業者からの報告されたものである。なお、製造販売業者からの報告には、医療機関から報告された症例と重複している症例が含まれている。当該分類は、製造販売業者の評価に基づくものであり、PMDAが個別に医薬品との関連性を評価したものではない。」


なら最初から重篤と表記すれば良いのにと思いますが、製造販売業者からの報告事例の内、死亡は死亡ですから間違いないとして、それ以外の報告(副反応表記)はこの注意書きによればすべて重篤と判断されているということです。


これを知った時は驚きました。自分が思っていた数字の3倍以上の重篤者が出ていたのです。重篤と同じ意味の言葉で危篤があります。こっちの言葉の方がよく聞きますが、かなり死に近い状態です。


医療機関からの重篤者報告数は、この21131人の中に重複している人たちがいるようですが、それはおそらく厚生労働省でも把握出来ていないのでは?



何割が重複しているのかさっぱり分かりません。確かな重篤者数は不明ですが、最小21,131人~最大で28,064人のどこかだと思われます。子供の重篤2人が気の毒です。子供は特に打つ意味がないと思います。


これに入っていない死亡者、ワクチン後遺症で苦しんでいる人たちが大勢存在しているのです。


ワクチン接種は任意ですので義務ではありません。今一度国民一人一人が、慌てて打つ前によく調べて考えてくれればと思います。



ワクチンイラスト




スポンサーサイト



2022-04-15

◆コロナワクチン最新情報整理

コロナワクチンの3回目接種が行われています。このブログでも以前なるべく正確な情報を基に考察してきました。


最後に更新したのが1月28日なので、約二カ月半振りのコロナワクチン関係の更新になります。


言いたいことは言ったつもりでしたので、もうコロナワクチンのことについてはブログでは言うまいと思っておりましたが、朝日新聞の記事を見て腹が立ってきたので、最新のデータを基に考察していきたいと思います。


このネットの記事は朝日新聞と契約していないと途中まで読めませんが、家で新聞をとっているので確認しますと、ようするに子供の接種を促すための記事です。厚生労働省の専門家部会の会議資料を引用し紹介しています。この会議資料こそ、過去に取りあげたあれですが、朝日新聞はその会議資料の最大の問題点は一切触れず、子供の例のみ取り上げて紹介していました。


今一度、最新の会議資料を紐解いてみたいと思います。朝日新聞が記事で取り上げた資料には何が書いてあるのか?


第78回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、令和4年度第1回薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催) 資料


2022年4月13日に行われた最新資料です。未だに全国放送のテレビ、ラジオ、大手新聞社はシカトしている大問題事項です。これは国民の命と健康にまつわる内容です。


これを紐解いてみると、コロナワクチン接種後に起こった副反応件数、死亡者数、重篤者数が見えてきます。累計が書いてないので自分で計算しないといけないですが見て参りましょう。


参考 死亡者数・副反応数・重篤者数の計算方法はこちら
    

それによりますと、最新のコロナワクチン接種後の被害疑惑報告はこのようになります。


死亡者  1667人

副反応  32694人

重篤者  6933人
(副反応の内)



となります。75回の会議資料が死亡者1444人、副反応30714人、重篤者6370人だったので、その時と比べるとこうなります。


死亡者  223人増加

副反応  1980人増加

重篤者  563人増加


第78回目の会議資料を読むと、若年層(5才~11才)の接種も載っています。それによると確かに朝日新聞の言う副反応は6名とあります。因みに若年層の接種人数は215,368人、接種率は約3%ほどです。


やはり子供の接種は親が注意するようで、思ったより伸び悩んでいます。これは全国の新聞社に掲載された意見広告の影響が大きいかと思います。(それでも21万人以上は接種済みというのは何ともですが)


まだ知らないという方に説明しますと、未成年者へのコロナワクチン接種について「本当に必要なのか?」と思いついた福岡県在住の会社社長、堤猛さんという方がコロナワクチンに関する副反応についての危険性を訴えた広告のことです。


詳しくはこちらのサイトをご覧ください。参考サイトです。

◆新型コロナウィルス関連情報発信センター


朝日新聞の新聞記事は、事実の一つである子供へのワクチン副反応の事実のみ出していますが、もっと他の沢山ある事実、ワクチン接種後の死亡者、副反応、重篤者の膨大な被害の数は無かったことにしているのです。


若年層の子供の副反応が少ない理由は、ワクチンの量を3分の1に薄めているのもあるでしょうが、今後どういうことが起こりうるか?誰にも分からないのが、現在世界中に配られたファイザー、モデルナ、アストラゼネカのmRNAワクチンと、DNAワクチンです。 
 
子供のコロナ感染による死者は、基礎疾患があったり、交通事故が原因で亡くなった例を引くと未だに0人なので、ワクチンを打つ意味はほとんど無いでしょう。


全国放送のテレビ、大手の新聞社は未だ無かったことにしていますが、現在コロナワクチン接種による後遺症の問題が出てきました。


先程紹介した厚生労働省の会議資料に数字に、このコロナワクチン後遺症で苦しんでいる人が全員入っているのかは分かりません。ただ、かなりの数の人達がいるのが分かってきました。


これを真っ先に取り上げたのが名古屋のCBCテレビでした。それを受けて名古屋市の河村市長は全国初のコロナワクチン後遺症に苦しむ人達の窓口を開設しました。それも影響したのか、名古屋市の後に国が動きました。全国の自治体にコロナワクチン後遺症で苦しむ人達をサポートせよとの通達が行きました。



別のニュースによれば、名古屋市では窓口開設後、11日間で479件の問い合わせがあったようです。

◆参考ニュースはこちら


ワクチン後遺症の問題は全国放送のテレビではやりませんが、確実に問題になっています。しかし岸田首相はワクチン後遺症の問題を認め、フォローすると言った上で、国民には4回目の接種を勧める考えです。これからもワクチン接種は続くのです。

◆参考ニュースはこちら


そして調べている内、更なる情報が出て参りました。今後のワクチン接種回数についてです。それはこのニュースです。

◆岐路のワクチン、費用対効果を問う声 2.3兆円で8.8億回分購入


それによりますと、岸田首相は既に2.3兆円という莫大な税金を投入し、8.8億回分のワクチン、つまり国民一人当たり8回分を確保したとのこと。


既に購入済みで、今3回目を勧めていますから、ワクチン接種は最低後5回は勧めるということになります。こんな事実も、おそらく殆どの国民は知らないのでは?と思います。


テレビで出てくる専門家のワクチンに関する意見はほぼ同じです。オミクロンには3回目を打っても感染する、しかし重症化を防ぐ効果はあるから打たねばならない・・・。しかし、ファイザーCEOブーラはこのようにコメントしていました。


◆米ファイザーCEO、ワクチン「4回目接種が必要に」


この中でブーラはこう言ってのけました。


ブーラ氏は、ファイザー製のコロナワクチンが3回の接種で変異型「オミクロン型」に対しても重症化を防ぐための高い効果を持つとの認識を示した。一方で「感染自体を予防する効果はあまり高くなく、効果もそれほど長い期間持続しない」と認め、2回目の追加接種の必要性を示した。


そしてブーラはブースター接種も実は2回必要(つまり4回目)と言い、将来的にはインフルエンザと同様に、年1回のワクチン接種が必要になるとの見方を示した。


・・・だそうです。開いた口が塞がりません。更にアメリカでは来月から5歳以下の子供にも接種が可能になるようです。このままだと日本もそういう流れになるやもしれません。


ワクチン接種後の副反応、後遺症は膨大な数に上がっていますが、その中でも増えている病気の一つに帯状疱疹があります。

◆参考ニュースはこちら

これ日本だけではなく、世界中でワクチン接種後の帯状疱疹患者が急増しているようです。これを受けてなのか、ファイザー社は帯状疱疹のmRNAワクチンを開発しているようです。

◆参考ニュース

もはや病気を増やして商売をしているのでは?と勘繰りたくなります。


長くなってきましたので、今回はここらで終わります。


22566446-crop.jpg


紅葉屋呉服店はこちらまで
2022-04-10

この世とあの世

仏教世界では生きていた時の行いにより、死後どこの世界に生まれ変わるか?が決まるとされています。


そもそもですが、あの世はあるのか?ないのか?


死後の世界を信じるか信じないかで今の生き方は変わってくると思います。


私は死後の世界は存在すると思います。神仏のいる世界や、地獄の世界が仏典にあるような世界かどうかは分かりません。実際に死んでみないと誰も分かりませんが、私はあると信じています。

 
駆け足ですが、死後の世界をざっと見てみましたが、これ死後の世界という考え方は、実はそのまま現世にも当てはまるなと思いました。


ようするにこの現世に地獄も極楽も餓鬼道も修羅道も存在しているなということです。修羅道などは争いばかりですが、現実でもロシアとウクライナは殺し合いの戦争をしています。これは事情はどうあれ、武力で制圧をしかけるロシアが悪いと思いますが、現実世界でプーチンは修羅道(地獄かも)を歩いているわけです。
 
 
調べている内、江戸時代の白隠禅師(臨済宗)の興味深い話がありました。このようなものです。



白隠禅師はある時、一人の侍からこう問われた。「地獄はあるのか、ないのか」と。

その時禅師はこう答えた。

「見たところ、立派な侍のようだが、まだ地獄の有無が分からぬのか?そんなことも分からぬか?」

と罵倒した。

最初の内は無礼に耐えていた侍だったが、白隠禅師の挑発に耐え兼ね、ついに刀を抜いた。

それを見た白隠禅師、逃げ回りながら更に挑発する。

そしてついに追い込まれ、斬られそうになったその時、

「そこが地獄だ!」

と一喝した。

この一言を聞いた侍、「はっ!」と我に返り、思わずその場で平伏し、己の至らなさを悔いた。

すると白隠禅師は笑いながらこう言った。

「そこが極楽だ。」




と言うものです。地獄の描写を聞くと、絶対にこんな世界には堕ちたくない。出来れば天界とか極楽が良いと思う人が多いでしょう。そのために仏縁を求めたり、仏教を学ぶ姿勢は尊いと思いますが、今生きている世界しか分からない、知り得ないのであれば、今この瞬間が一番大切なのも事実です。何をすべきか?

 
白隠禅師はこんな道歌を遺しています。


極楽は 西にあらでも東にも 来た(北)道さがせ みな身(南)にあり


また白隠禅師はこうも述べています。


「西方十万億土の彼方にあると云われる極楽を、あちこち探しまわるが、実は他でもない自分の心の中にあるのだ。」

hakuin.jpg
白隠禅師 画像はネットより

紅葉屋呉服店はこちらまで

参考文献 仏尊のご利益功徳事典 大森義成 著 学研
2022-04-09

◆極楽世界

地獄道・餓鬼道・畜生道・阿修羅道・人道・天道と、仏教世界にある六つの世界を簡単ながら知らべてきました。


この六つの世界は六道(りくどう)と云いまして、例えば人間として生まれたある男が、様々な経験をして亡くなったとします。生きていた間に行った事、仏様の目から見て良いこと、悪いこと、何をしたかによって次の生まれ変わり(転生)で、また人道に生まれるのか、あるいは畜生道か、それとも地獄道か、天道かというように決まります。
 
 
生まれ変わった地でも寿命がありますので、またそこで生きた行いにより、次の転生先に生まれ変わります。この六道の中をぐるぐるとさ迷うことを六道輪廻(りくどうりんね)と云います。


仏教にはこの六つの世界以外にも、実は存在する世界があるとされます。それが浄土(じょうど)です。


菩薩や如来がいる世界です。
 
 
浄土は所謂仏教的に見て、善人が生まれる世界と云われています。浄土に生まれ変わるとそこで菩薩や如来から仏道修行を受けられるようです。浄土に転生して住むことを往生(おうじょう)と云います。悟りを開いて自らが仏になる解脱(げだつ)とは違います。往生はそこでも仏になる為の修行が続くということです。
 
 
因みに仏と言うのは仏教世界では如来をさします。
 
 
仏教については私もまだまだ分からないことだらけですが、浄土という言葉は昔から聞いたことがありますが、それは浄土の前に極楽がつく「極楽浄土」でした。このよく聞く極楽浄土とは、調べてみたら阿弥陀如来がいる浄土のことでした。
 
 
また、浄土は一つではなく如来や菩薩の数だけあるようです。例えば、薬師如来がいる浄土は瑠璃光世界、文殊菩薩は清涼山、観世音菩薩は補陀落山、地蔵菩薩は伽羅陀山というように、無数にあるようです。


どれが良いとかそういうことではなく、人それぞれ生きていた時の仏縁、信仰心によって行くところが変わってくるのかなと思います。


ただ、地獄に堕ちる人間の罪状を見るに、普通に生きてても全員該当しそうなので、天界よりも上にあるであろう菩薩や如来の世界に行くのは至難のことでは思います。


669081.jpg


紅葉屋呉服店はこちらまで



参考文献 仏尊のご利益功徳事典  大森義成著 学研



プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる