FC2ブログ
2020-05-22

◆津島神社 3  最終回

IMG_6568.jpg

福井県在住の、某密教寺院のご住職とご縁があり、昔興味深い話を聞いた。


そこのお寺のある地域の氏神様が〇〇〇社で、何でも一度も一般公開したことがない牛頭天王様の霊像があると言う。


話を聞き、ついつい興味が湧いたので


「その仏像の姿が分かる写真とか、ないですよね?」


と聞いたら、


「ありますよ」


とその仏像について載っていた本を見せてくれた。そのお姿は衝撃であった。私もその本を入手したが、印刷物のモノクロ写真と言えど、畏れ多くてとても自分のブログに上げることは出来ない。



豹(虎にも見えるが、ご子息に「豹尾神」という神様がいるので豹だと思う)に乗った半跏像で、腕が12本、三面の憤怒尊である。弘法大師が建立した東寺に伝来していたとしてもおかしくない、見事な密教像だと思った。現存している牛頭天王像と比べても、類例がない御姿で、おそらく平安初期頃はあるとのお話だった。
 
 
この福井県の〇〇〇社に残る、秘仏「牛頭天王像」は、現在確認されている牛頭天王像の中で最も古い可能性があり、ご住職によれば、昔、東京の国立博物館の研究者達がこちらの神社へ訪れ、その像を見て「これは重要文化財クラスの尊像なので、ぜひ国に申請しましょう」という話になったと言う。
 
 
話を聞いていた神社側も喜んでいたそうだが、研究者側が


「重要文化財に指定するには、まず専門機関にこの像を移す必要が・・・」


と話を切り出したら、神社側は


「ならば結構です。先代、先々代からこの像は何があっても、この場所から動かしてはならないと聞いているので」


と一蹴したらしい。
 
 
確かに、並大抵の霊像ではないと、一目で分からせる説得力があった。「写真を撮った人は大丈夫だろうか?」と心配になるような牛頭天王像だ。

 
福井の霊像が平安初期だとすると、奈良時代に神仏習合の流れが出た際、かなり早い段階で、牛頭天王様は仏教、その中でも真言密教に取り入れたられたと言える。
 
 
IMG_6569.jpg


 津島神社の端っこ、境内の一角に薬師如来を祀るお堂があった。


おそらくかつては津島神社の別の場所にあったであろう、津島神社の神宮寺のご本尊だ。
 
 
牛頭天王様は仏教に取り入れられた際、薬師如来の本地仏とされた(津島神社の縁起)。


その昔、津島の地で疫病が流行り、弘法大師が人々が苦しむのを見て薬師如来を祀ったと云う。病を齎す恐るべき神、牛頭天王様と、心や体の病を治す薬師如来を同体としたのだ。納得である。(あるいは病封じとして薬師如来を祀ったか)


そう言えば、福井県の〇〇〇社にも平安期の薬師如来像が祀られていた。


津島神社には、提灯を沢山飾った船を渡らせるという有名な祭事がある。600年も前からあるお祭りだが、その由来は諸説あるらしい。これだというのがなさそうである。語り継がれる内、様々な要素が取り込まれていくのはよくある話だが、神輿ともとれる船を川に浮かべて流すというのは、やはり大陸からこの神はやってきたということでは?と思う。
 

津島神社は、「この地に元々津島社があり、それが牛頭天王となり、今は須佐之男命を祀る」とあるが、最初にあった津島社は、元々が須佐之男命ではなく、地元の何かの神ではなかったのかと思う。そこに渡来人が船で渡り、牛頭天王様を祀る。


やがて仏教が伝来し、神仏習合の流れで神道の中でも最も荒ぶる神様の一柱、須佐之男命と習合したのでは?


須佐之男命が出雲やその周辺で祀られるのは普通にあると思うが、出雲から遠く離れた愛知県で、これだけ大きく祀られというのはやはり疑問だ。


津島神社は、牛頭天王様が先で須佐之男命が後から習合したという方がしっくりくる。


そう言えば、日本最古の牛頭天王像が祀られる神社が、日本海側の福井県というのも頷ける。


今回、コロナ騒動を受けて、「こういう時は牛頭天王様へお参りだ!」と何年かぶりに津島神社に参拝に出かけたが、思った以上に牛頭天王様の痕跡は無かった。
 
 
牛頭天王様も、人間の都合で祀られ、人間の都合で外されたのを呆れているだろう。むしろ機嫌が大分悪いのでは?と思えた。お参りする際、コロナのことは(個人的に)とても頼めなかった。
 
 
参拝を終え、明治期の廃仏毀釈の運動は相当酷かったんだなぁというのが、再認識出来ました。



参考文献 日本の神々 神徳由来事典   三橋健  学研


※紅葉屋呉服店はこちらまで
スポンサーサイト



プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる