FC2ブログ
2012-03-31

常福寺 その1

時は遡ること本年1月3日。三重県は伊賀にある古刹、常福寺さんにお参りに行った。

常福寺1

こちらのお寺は、長谷寺の観音様について調べている時に偶然知ったお寺で、
日本でも珍しい平安期の五代明王が揃って祭られているのだ。

古い五代明王の作例は京都の東寺くらいしか知らなかったので、
まさか近場の三重県にあるとは驚きだった。

この日は正月三が日の特別開帳で、法要も行わていた。

常福寺2

お寺参りは何でも無い平日に行くのが空いてて好みであるが、
法要に合わせて参加するのも楽しい。
場の雰囲気が全く違うからだ。

このお寺、珍しい仏像があるので参拝に行った訳だが、
実はこの仏像の背景に横たわる昔話がとても興味深い。

前回紹介した近長谷寺の霊木十一面観音像。
奈良と鎌倉を合わせて計三体作成されたのだが、
元の木が所謂、不敬な気持ちで接すると祟りをなす霊木である故、
観音像を作った際に出来る、余った材木も粗末にしなかった。

常福寺さんの五代明王は、この余材で作られた明王像なのである。

詳しくはお寺のホームページを見ると分かるが、故に総本山は奈良の長谷寺であった。

五代明王は基本的には秘仏であり、五体全てが一つの厨子の中に収まって居る。

不動明王を中心として祭られるその姿は、真に力強く素晴らしい。
個人的には、東寺の五代明王に匹敵すると思う。

常福寺3
(不動明王の御姿。常福寺HPより)

信長のいた時代に戦火建物が焼失したことがあったが、
本尊5体は何とか運び出され、焼失を免れた。

先人のこの働きがあったればこそ、今日お姿に手を合わせる事が出来る。
有り難い事である。

続く~

スポンサーサイト



プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる