FC2ブログ
2012-03-21

近長谷寺 その8

~続き

大量の煙が収まると、護摩壇の炎が見えてきた。

近長谷寺37

火はだんだんと激しく燃え盛る。
これらの写真は同行した父が撮影したものだが、
後で聞いたら、不動明王の真言をとなえながら写真を撮っていたという。

近長谷寺39

不思議な写真が数枚撮れた。
炎の形が片足を投げ出した結跏趺坐の状態のお不動さんになってきた。

近長谷寺40

台座に腰かける、横から見た炎の明王に観えないだろうか?
私には足の指まで確認出来る。

父の話だと、リーダー各の山伏の印の所作に呼応していたように思えたそうだ。

近長谷寺43

見ていて気付いたが、印の所作は見せれるものと見せれないものがあるようだ。
長い法要の中で、印は幾つもあったが、袖に隠されたものは多い。

素人が真似してもらっても困るのであろう。

法要はいよいよ終盤に差し掛かってきた。

続く~







スポンサーサイト



プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる