FC2ブログ
2012-03-04

近長谷寺 その3

~続き

近長谷寺11

十一面観音をお参りした後、しばらくして山伏達による法要が始まった。
まずは本堂前にて参拝をする。
このあたりから吹雪いて来た。

山伏が法要を行う場は注連縄による結界が張り巡らされていた。
近長谷寺8

結界は上空にも及んでいる。
近長谷寺9

また結界の四隅には御幣?が設置してある。
近長谷寺10

色は画像の赤以外に、白・青・緑があった。
これを見た時、両国国技館の土俵の上に設置してある吊屋根を思い出した。
あの吊屋根にも角には4色の房が垂れている。

調べてみたら国技館の場合は、房の色は青・赤・白・黒であった。
4つの内三つが共通していた。結界の場合は黒が緑になっている。
また、国技館のこの房の色、意味は奈良県は高松塚古墳の壁画、
即ち「四神」を表しているそうだ。東西南北を守る神獣である。

山伏、修験道に於けるこの結界は四隅に房ではなく、御幣のようなものが設置してある。
御幣とは神を降ろす為の依代の意味がある。

今思えば、四隅だけではなく、結界のあちこちに白い御幣があった。
白い御幣は上空にまで及んでいる。
神の力を借りる事で、厳重に結界が設けてあるのだ。

それは儀式の最中に「魔」が入らないようにしていからだと思う。

スポンサーサイト



プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる