FC2ブログ
2010-07-28

紅葉の話 その10

~続き

■脇差「童子切り」の話

平維茂が紅葉征伐の際、用いた刀が「童子切り」である。
最古の刀工、伯耆安綱(ほうきやすつな)作というこの刀は戸隠神社に奉納された。
その後、紆余曲折あり現在は松巌寺に残っている。

この「童子切り」という銘は深い意味があるような気がしてきた。

「童子」という言葉は二つの意味を指していると思う。

一つは「鬼」のことだ。昔話に登場する数々の鬼には名前があることが多いが、
○○童子という鬼が結構いるのである。

例えば「大江山の酒呑童子」、「羅生門の茨木童子」、「伊吹山の伊吹童子」などだ。
(…弁財天の十五童子にも隠された意味がある気がしてきた)

紅葉は鬼女と云われた。その鬼(童子)を切ったことを意味しているように思う。

二つ目は、文字そのままの「子供」のことだろう。紅葉には一児がいた。
紅葉が殺された後、二度と逆らえないよう、その子供を切り伏せたという意味だ。


戸隠周辺が重要な踏鞴場だとすると、貴重な労働力である村人は根絶やしには出来ない。
あえて無抵抗な子供を、見せしめに殺すことによって抵抗は無駄だと植えつけたのかもしれない。

1000年以上経った現在、「童子切り」という異様な銘を持つ刀が残っているのは、
ここで起こった事を未来永劫忘れないように…という名をつけた人の意志を強く感じる。


続く~


スポンサーサイト



プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる