FC2ブログ
2008-07-07

箕面山の辨財天

高速をのんびり走って現地に到着したのは10時30分頃だった。辨財天の山は、車の乗り入れが出来ない。なので、付近の箕面駅の市営駐車場に車を停め歩いて向かった。参道にはお店が並び、あちこちで「紅葉のてんぷら」がお土産で売っていた。(何となく買うのはやめた。)

また、猿もよく出るらしく、「モンちゃんせんべい」なども売っていた。20分ほどあるくと辨財天が祀ってある寺に到着。道中、「昆虫館」なる子供向きの施設があったがとばしてしまった。(これ後になって後悔することになる)

本日の目的地の一つ、辨財天堂は江戸期の建物で、どちらかというと、神社に近い造りだった。思わず「おおっ!」と声が出てしまう程、荘厳な雰囲気がある。この日はずっとそうだったが、何か観られているような感覚があった。

境内には歴史を紹介した看板があり、それによると、この奥に滝があり、創建当時は滝のすぐ傍に辨財天のお堂があったそうだ。それが戦国の時代、織田信長の襲撃にあい焼失してしまい、現在の場所に再建されたという。

比叡山の焼き討ちは知っていたが、大阪の箕面山まで焼き討ちしてるとは知らなかった
愛知県に住む人は信長というとあまり酷いイメージを持つ人は少ないと思うが、他県の人から見るとムチャクチャな人物という認識なのかもな・・・と思った。
参拝後、奥の院ともいえる滝に向かうことにした。

続く~

弁天堂 由来
スポンサーサイト



プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる