FC2ブログ
2008-06-26

黄檗山の版木 その3

続き~

簡単なものだが、鉄眼禅師の略歴を紹介する。鉄眼道光は1632年に熊本で生まれた。12歳で出家(この時は浄土真宗)し25歳で、隠元の弟子となった。何故6万枚にも及ぶ、一切経を全て版木にするという事に挑戦したのかは定かではない。

理由を考えてみた。あくまで推測だが、当時鉄眼は版木製作の為に集めた資金(この版木、現在の金額でいえば50億円の大事業だったそうだ)を飢饉で困っている人達に、一度ならず施している。
この行動から、当時の社会情勢を憂い、貧困層の救済という大願を掛けたのではないのだろうか。

1669年から始まった版木製作は9年後に完成した。鉄眼は晩年、こんな言葉を残している。「不器用だからこそ、誰もやらないような、大変なことができたのだろう」と。

重要文化財に指定されているこの版木、驚くことに現在も紙に刷られている。

スポンサーサイト



プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる