FC2ブログ
2020-03-26

◆鬼のお話  第7回  犬飼武

前回の続きです。

ついに討たれてしまった温羅。その首は斬り落とされてしまう。そして・・・


◎五十狭芹彦命vs温羅 続き

その後、温羅の首は串刺しにされ晒し首となったが、温羅の怨念は凄まじく何時までも不気味な唸り声を上げ続けた。


そこで五十狭芹彦命は部下の犬飼(養)武に命じ、首を犬に喰わせた。


しかし頭蓋骨になりはてても温羅の唸り声は止む事はなかった。たまりかねた五十狭芹彦命は、頭蓋骨を茅葺宮の釜殿の下に穴を掘り埋めてしまったが、一層唸り声は酷くなっていった。


それから13年の月日が経ったが未だに唸り声は続いていた。ほとほと参った五十狭芹彦命だったが、ある日彼の夢に温羅が現れ、こう告げた。


「我が愛した阿曽女を連れてまいれ。阿曽女を持って我を祀るならば声も鎮まろう。そして釜で占うがよい。吉事の時、我の首は穏やかに鳴り、凶事の時は荒々しく鳴るであろう」


こうして、ともかく呼び出された阿曽女によって温羅が祀られるようになると、恐ろしい唸り声はパッタリと止んだ。永きに渡った戦いもようやく幕を降ろすことになった。仕事を終えた五十狭芹彦命は吉備津彦命と名を改め、吉備臣の祖先となった。吉備津彦は死後、吉備中山に埋葬されたと言う。




・・・五十狭芹彦命と温羅の長い戦いは決着した。

IMG_1466.jpg


まず、気になった個所として青字のところを考えてみたい。桃太郎の昔話では家来に犬が出てくるが、このモデルと云われているのが、五十狭芹彦命の配下の一人、犬飼武(いぬかいのたける)だ。討たれた温羅の首はそれで終わりではなく、更に犬にのエサになるという、いくらなんでも酷過ぎる扱いを受ける。

IMG_1467.jpg

そんな扱いを受けたからか、当然討たれた温羅は祟る。頭蓋骨になっても唸り声をあげたという表現に恐ろしさを感じる。五十狭芹彦命はたまらず、釡殿の下に埋めた。


釡とは火で水を沸かすものだ。古代より火と水の力を制する者は国を制すという話がある。古事記にも火と水の力を手に入れ、兄の海幸彦を倒した山幸彦の話がある。


火と水の力を表す釡の底、地面の中に埋めたというのは温羅を封じたかったのだろう。しかし、封じは失敗し更に温羅の首は唸り続けた。祟りという表現はないがこれは祟りまくったと思う。


赤文字個所に話をうつす前に、温羅の配下、犬飼武についてもう少し考えてみたい。


刎ねられた温羅の首を犬飼武の犬に喰わす…。


怖い個所なので、ついつい聞き流してしまう箇所だが、これにも隠された意味があると思えてならない。


例えば「吉備津彦命」の名の場合、吉備を平定したので国の名が人名になったという意味があると判るが、犬飼武の場合、ただ犬を飼っているから苗字になっているという単純な理由だとすると、これは明らかに自らが名乗ったのではなく、蔑みを含んだ名前だと思える。


祟られる可能性がある首を喰わせるという行為も無理矢理やらされたのだろう。


犬飼一族は全国制覇を狙う大和朝廷に滅ぼされるより降伏を選んだ。だから敢えてこの名を受け入れた。元は別の名前があったのかもしれない。


こう考えて大和朝廷側から見ると、敵と決めた相手には、損害を最小限に抑える為、降伏した人々を差し向け、自らの手は汚さないという巧妙な手口が浮かんでくる。


鉄や稲を求めて全国制覇をしていたのであれば、最前線で戦わせる人々も産鉄民だった可能性が高い。同族同士の戦いもあったのかもしれない。


また犬飼武は犬飼部(犬養部)の一族とされている。猟犬を飼育していたという説と番犬と共に門を守っていたという説がある。同じように雉や猿も人間だった。


またこんな話もある。真相は定かではないが、犬飼いの一族の末裔に1931年に総理大臣となり5.15事件で暗殺された犬養毅がいたとされる。都市伝説の類かもしれないが、吉備津彦命を祀る吉備津神社には犬養毅の記念碑だったか何かがあったので、案外本当に子孫にあたるのかも。

IMG_3274.jpg


次回は赤文字個所を中心に鬼のお話を続けて参ります。



参考文献  鬼  新紀元
スポンサーサイト



2020-01-16

◆日本のしきたり・第三回 正月について その3

お正月飾りの続き。今回は鏡餅について考えてみる。


鏡餅の鏡とは、銅鏡のことだ。もっと言えば神社にある御神器としての鏡である。古代の銅鏡は、現代の鏡と違い、自分の身なりを写すものではなく神が宿る依り代という意味がある。


鏡自体が御神体でもあり、自分の御霊を写すものでもある。

高座結御子神社⑪

過去ブログに一度上げたが、昔、熱田神宮の広大な(嘗ての)境内にある古社の一つで、不思議な写真を頂いたことがあった。前回の話に少し重なるが、この神社に参拝に行った際、根元に小さな鳥居がいくつも置いてある御神木があった。


この時「あっ、御神木は神が宿るし、神そのものでもある。神社の木には触ったらいかんな」と言葉で発しながらお写真を頂いたらこのような写真が撮れた。


特に反射するものがあった訳ではないが、まるでそこに鏡があるかのような光が写っていた。鳥居の上にあるのも、神は鳥居に降りるという言い伝えがあるので、この件では神様いるよと教えて頂いたようにも思えた。


鏡が丸いのは、魂の形を表しているのやもしれない。


鏡餅を二つ重ねるのは、福徳が重なる様にという意味がある。


しかし、私は日本の、物部神道に伝わるという二つの鏡、興津鏡と辺津鏡を表していると思う。


神道最大の謎と云う十種神宝(とくさのかむたから)に含まれる、陰陽二枚の御神器の鏡である。


日本の宗教観は、古くは今ほどハッキリ分かれていなかった。神道も仏教も陰陽道も複雑に交じり合っていた。鏡餅を見るに陰陽の考え方も入っていると思う。大きい餅は陽の鏡「興津鏡」。小さい方は陰の鏡「辺津鏡」を表していると思う。


また、米は昔から日本人にとって命の要の農作物だった。古代豪族の権力の象徴は鉄と稲であるように、保存が効き、安定的な食糧源である米は大切なものであった。

stl_i_kagamimochi.png


山の神の話を読んでも、普段は山に住み、春になると下りてきて田の神となり秋に帰るというものがある。山の神は稲の神でもあるのだ。この辺りの話が歳神=山の神という話になるのだろう。庶民にとっては歳神(山の神=稲の神)は生命線なのだ。故に稲の神のもたらした餅で、神が宿る鏡の形を作り、正月におもてなしをするのである。


伏見稲荷に残る昔話でも興味深いものがあった。古代豪族の秦氏は、先祖神でもある伏見稲荷を祀っていたが、栄華を極めていた秦氏は慢心になり、あろうことが鏡餅を弓矢の的にして矢を放っていたら、とたんに神罰が下ったというものだ。鏡餅が神聖なものであるという事、そして「誰のお陰で繁栄してると思っているのか!」という神の怒りがよく分かる話である。


正月には当たり前のように餅を食べると思っていたが、調べていたら餅を食べない地域もあった。東京足立区に、落ち武者達が苦労して開墾したことが始まりの集落がある。彼らは貧しく正月も餅が食べれず芋の雑炊を食べていた。その先祖の苦労を思って、今でも正月には餅を食べない。


栃木県にも、鬼怒川から農業用水を引く工事が終わるまで、正月も餅をつかずに働くと願掛けをしたという伝承が残る地域もある。そういう地域では「餅なし正月」を行っているという。足立区の例も栃木県の例も同じで、どちらも苦労した先祖達のことを思って餅を敢えてたべないのである。


正月は政を行う行事であり、お盆的な意味があると気付いた。


先祖のことを思い、地域の神や自身の信仰する神に祈り感謝する各家庭で行う大事なお祭なのだ。先祖神や地域の神、信仰する神を味方につけることで結果的に家の繁栄にも繋がるのである。


※追記

神が宿る鏡餅を食べるという行為は、神と同族になる、守ってもらいたいという発想かと思います。




※紅葉屋呉服店はこちらまで
2019-12-10

◆不思議なお経

最近、とあるお寺様とご縁があり、一冊の経本の存在を知りました。

お経のタイトルは「仏説療痔病経」と言います。

80047693_2489321404527022_1136595754094166016_o.jpg


経本の最後の方に解説文がありました。



「お釈迦様が在世の折、阿難尊者に対して修行中に諸のできものに悩む比丘達を救う為に、二種の神咒をお時になられたものであります。~(中略)~ 日本でもこの経の霊験に依って、痛苦を消滅し心身安楽を得たという霊験が伝えられていますが、時代の移り変わりによって忘れ去られていました。」

また、

「台湾などの仏教徒は、この経を受持して癌などの病に霊験を頂き、報恩の為に印刷して広く施本するという信仰が支持されている」

とのことです。


痔とあるので痔に特化したお経かと一瞬思いましたが、よくよく読めば腫物、できもの、ガン、病気全般に功徳があるというお経でした。


実際、私は長年痔に困っていました。無論、病院に行ったり薬を用いて、その場その場をやりくりしておりましたが、このお経とご縁があり、毎朝仏様の前で唱えている内に、劇的に調子が良くなってきました。誠に不思議なお経です。


現在、手元には一冊余分があります。欲しいとおっしゃる方は紅葉屋呉服店のHPからお問い合わせメールを下さいませ。



追記

病気の時は当然病院へ行ったり、薬を使ったりしますが、やるべきことをやった後、もう一つ何か力押しをという時は仏様の力は大きく作用することがあります。このお経を読むことで流れが変わることがあるやもしれません。これは私の長年の経験です。




2017-12-24

◆マリア観音像

毎年クリスマスの時期になると、我が家ではマリア観音像の祭事をしている。

先祖から伝わるマリア観音像。先祖供養も兼ねてのお参りだ。

クリスマス・マリア像⑤

先祖に切支丹だった人がいたようだ。手を合わせてお参りすると暖かい感じを受ける。

クリスマス・マリア像④

カトリックの所作は知らないが、我が家では線香を十字に置いてお参りする。

画像の香炉は御深井焼。蓋部分は消失。

今年の祭事は飛び入り参加(?)で、もう一体マリア観音像が床に設置された。

クリスマス・マリア像③

画像向かって左側にあるのがそれ。

クリスマス・マリア像①

この像、お客様のもので、最近入手されたという。

鑑定と顔の錆を綺麗にするということで一時預かった。

お客様はお参りする目的で手に入れた。父は霊感がある人なのでこの像を調べたが、以前の持ち主はマリア像として真面目にお参りしていたものだと分かった。

生が入っているのだ。悪いものは何もなかった。

我が家のマリア観音像をお祭りする日に持ち込まれたのも何かの縁と、一緒に簡素ではあるがお祭りすることに。

クリスマス・マリア像②

これに祈りを捧げていた方はもういないのだろう。おそらく残った人が手放したのだ。

祈り手は変わるが、こういうものはきちんとお参り出来る人の所へ行くのかもしれない。

ご縁というのは不思議である。



2016-02-22

伊崎寺

◆伊崎寺 弁財天の御祭り

とあるお客様から、「滋賀県にある伊崎寺さんにて弁財天の法要があるので、良ければ参加しませんか?」とのお誘いがあった。

何でも弁財天の尊像にお酒を注ぐ「弁財天浴酒供」という御祭りとのこと。
 
天台系の寺院は仏像が沢山あるので、昔から好きで良く参拝に出かけていたが、こちらのお寺には行ったことがなかった。縁も所縁も無いお寺の法要、しかも弁財天の法要を知ったということは、それは「行けよ」ということだと思ったので、出掛けることにした。
 
お客様から概要は聞いていたが、やはり初めて法要に参加するので、事前にお寺に電話し、伺う日と時間をお伝えしておいた。

場所は名神高速彦根ICから車で30分ほど。

朝の9時頃に駐車場についた。

伊崎寺7

事前に調べてみたら、あの「千日回峰行」に代表される、天台修験の租である「相応和尚」が創建とのこと。詳しくはお寺のHPを見て頂きたいが、行場の色が非常に濃い霊場であった。

現在の御住職は千日回峰行を満行した大阿闍梨さまである。

伊崎寺2

駐車場から参道を歩いて1キロほど行くと本堂が見えた。
 
伊崎寺4

お寺のすぐ目の前には琵琶湖が見える。

伊崎寺3

私と同じく参加していた信徒さんに聞けば、8月には琵琶湖に飛び込む棹飛(さおとび)という行事があるとのこと。琵琶湖は何度か訪れたことがあるが、この日は波が結構あった。

本堂を参拝し、時間が来たので弁財天の法要を行う建物に案内され着座した。午前と午後の部があり、両方参加させて頂いた。阿闍梨様は大変気さくな方で、こちらをおもてなししようという気持ちが随所に感じられ、恐縮したが有り難かった。
 
肝心の弁財天の尊像にお酒をかけるという所作は見えなかったが、信徒の皆様と一緒にお経を読み、真言を唱えたり、阿闍梨様が気さくに話しかけたりしてくれた経験は、言葉では伝え難い。
 
午前と午後の法要は、参加したことで気付いたことが沢山あった。

この日は精進料理も頂いたが、ここでも学ぶことはあった。またここ20年間で、信徒さんには初めて振舞うと言う、弁天様に供えた赤米のお酒を頂いた。大変珍しいこととのこと。弁天様も召し上がったであろう赤米のお酒は素直に嬉しかった。

今思えば、平成23年頃と記憶しているが、思う事があり弁天様を意識してお参りするようになったが、お参りの仕方は我流であった。今回の機会は、大きな学びの機会であった。
 
お客様の紹介で、縁も所縁も無かったお寺で、初めてお坊さんが執り行う弁財天の法要に参加させて頂いた訳だが、その初めての法要が天台宗の大阿闍梨様が執り行っていたというのが、後になってしみじみ有り難いなと思った。

帰り際、下(琵琶湖)に降りる階段があったので、降りてみた。昔は船で渡ってしかこれなかったらしい。

伊崎寺6

凄いところだなぁと思いつつ、降りた琵琶湖の岸から湖を見れば虹が掛かっていた。

伊崎寺5

この日感じたこと、思ったことは何とも表現のしようがない。

帰った後、嫁に「遅い!」と怒られた。これはこれでこちらが悪いので反省したが、怒られたことを差し引いても長居出来たのは貴重な体験でした。

伊崎寺さんは不動明王が本尊のお寺であるが、年間通して何度か法要を行っている。お寺参りや仏像好きという人も、まだ良く分からないという方も、行に参加すると気付くことがあるかもしれないので、是非機会がありましたら、お出かけ下さいませ。

※詳細はお寺にお尋ね下さいませ。




プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる